素敵な時計

 母は真面目な話をするのも、されるのも大嫌いで、私が進路の相談をしても全く取り合ってくれない人だった。だから、受験する高校も大学も、全部自分で決めた。私は、「教育ママ」を母に持つ子供たちが羨ましかった。あれこれ一緒に考えて欲しいと思っていた。が、母にそういう話を持ちかけようとすると、いつも逃げられた。
 大学受験の際、何校受験するか、学部をどうするかなど色々相談したいと思い母に詰め寄っても、きまって母は、「私は、わからんから」と逃げた。それでもしつこく追いかけていき助言を求めてみても、まだ話の途中であるにも関わらず、「もう眠いから、寝るわ」と寝室に消えた。昼間話をしようとしても、母は仕事場に居るため、難しい。休日も何処かに出掛けてしまい、私が起きる頃にはもう居ない。母に真面目な話をするのは、至難の業なのである。しかし、楽しい話は大好きなので、私と弟たちが話をしていると、母は必ず口を挟むタイミングを伺っている。そう、あの夜も。
 まだ私が大学生の頃のこと。休日の午後10時頃。リビングには、私と2歳違いの弟、母が居た。私と弟は絨毯の上で寝転がりながら他愛ない話をしていて、母は台所で洗い物をしていた。
 「あのさぁ」
 家事を終えた母は、私たちの会話に突然割って入り、「こないださぁ」と話し始めた。
 「すごい流行ってる時計があるってテレビで言っててんけど」
 母は、「その時計は、安くて、色々なデザインがあり、軽い」とテレビで見た時計についての情報を熱心に話してくれた。が、時計の名前を忘れてしまったらしく、「何やったっけ」と話の途中で首を傾げた。私も弟も、「何や、それ」と母に聞くしかなく、3人共困り果てた頃。やっと思い出したのか、母の顔が一瞬パッと明るくなった。母は、自信満々。誇らしげにその時計の名を、口にした。
 「ウオッチや」
 「ウオッチ? それって、時計っていう日本語を英語にしただけじゃ・・・」
 私が最後まで言い終えないうちに、弟は隣で大爆笑していた。
 「お母さん。それ、スウォッチや」
 母は、照れ笑いを浮かべ、私と弟は、「ウオッチって、魚か!」とつっこんでおいた。
 有り得ないことを言ったりやったりしてくれるので、母のエピソードには事欠かない。これからも機会があれば、続編を書きたいと思う。本人からクレームが来ないことを祈りつつ。
009.jpg
 次回のモシャブログは、文章「スパイの適性」・漫画005シリーズ第1話「もしも母がスパイなら」の予定です。

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ