FC2ブログ

文章「まだ見ぬ貴女へ」・漫画005第6話「影武者の苦悩」

 「自分と同じ顔の人は世界に3人居て、全員に会うと、死ぬ」
 大学時代、友人からそう聞いた。都市伝説のようなものだろう。
 が、先日、私は大学時代からの友人であるKちゃんがくれたメールを見て、驚いた。
 「お笑い番組に観覧に行っていたのでは?」
 行ってないけど、何で。そう思いながら、「行っていない」と返すと、「似た人がテレビに映ってたから」と返信が来た。そして私の脳裏には、中学時代の恐ろしい体験がまざまざと蘇った。
 その日、私は自宅から10分ほどの所にある商店街に雑誌を買いに出掛けた。アーケードの突き当たりにあるダイエーの中にある本屋に行くために、歩いていた。すると、突然後ろから肩を叩かれた。
 「××ちゃん」
 私の肩を叩いてきた、私と同い年くらいの女の子は、私に向かって知らない女の子の名を口にした。私が不審に思い口をつぐんでいると、「どうしたん?」と私の顔を覗きこんできた。
 「××ちゃんじゃない」
 私が言い終えないうちに、その子の仲間3人が、私に向かって「××ちゃん、何してんの?」と親しげに話し掛けて来た。私は怯んだ。1人ならまだしも、相手は4人。しかも、全員知らない女の子だった。私は、とにかくダイエー目指して走って逃げた。これほどダイエーが遠いと思ったことはなかった。どうにか4人を撒いた後も、私は一体あれは何だったんだろうと考え続けた。
 もしかすると、本当に私に似た人が世界に3人、居るのかもしれない。そして、そのうちの1人である日本人の彼女が、お笑い番組の観覧席で笑い声を上げていたのかもしれない。
 願わくは、これからはもっと難しい内容の番組の観覧に行って欲しい。まだ見ぬ人よ、どうかよろしく。
s019-01.jpg
s019-03.jpg
s019-02.jpg
 次回のモシャブログは、文章「漫画について」・漫画005シリーズ第7話「占いの結果」の予定です。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ