書店へ行こう!

 前回までの連載でお分かりのように、私は本好きだ。従って書店へはよく足を運ぶ。暇さえあれば書店に足が向く、と言ったほうが当たっているかもしれない。基本的にミステリ系の本が好きなのだが、購入する本を決めずに書店を訪れた時の私の行動パターンは、だいたい以下のようなものだ。
 大概の書店では、一番目立つ所に「新刊書」が平積みになっているコーナーがある。まずは単行本。私は、並べられている本を一冊ずつ丁寧に見る。広告で見かけて気になった本、面白そうな題名の本、ハッと目を見張る美しい装丁やおしゃれな装丁の本、これはちょっと……という装丁の本——様々な本が私を誘ってくる。
 一通り気になる本を下見した後は、文庫・新書のコーナーへ向かう。
 かれこれ1時間くらいの検分終了後、気になった本を手に取り、自らの意志と懐具合とを勘案しながら購入する本を決める。
 購入した本が「当たり」だった時の喜びは、筆舌に尽くしがたい。
 情報を集め、購入する本を決め、その本だけを購入するならネットで十分だろう。しかし、新たな出会いは書店に行かなければ味わえない。

 ※ ゴールデン・ウイーク期間は、暦通り営業いたします。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ