石橋 武の「多読乱読、言いたい放題!」018

 私が今まで読んだ本のうち、印象に残った本を紹介しています。

● 村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
 1985年作品。初版が出た当時にハードカバーで読んだ。
 二つの世界が同時並行で語られる。
 一つは少し歪んだ現代である「ハードボイルド・ワンダーランド」。主人公の職業は「計算士」。「計算士」は組織=システムに属する。それと対立するのが「記号士」(=工場)。「記号士」たちが狙っているのは究極の暗号化システムである「シャッフル」。それを考案した博士と、その体現者であり唯一の生存者である主人公。「シャッフル」とは、「計算士」の意識下部にある世界を抽出し、それを秩序立て、再度脳内に挿入する。その再構築された意識世界を通過させることにより、暗号化を図るというものだ。従って、「シャッフル」によって暗号化された数字は、再度同じ「計算士」の意識世界を経なければ解けない。「記号士」が巡らす罠、その手先である「やみくろ」が潜む東京の地下社会というワンダーランドを主人公は博士の孫娘と共に経巡る。そして……。
 もう一つの世界は、「世界の終わり」。それは彼の脳内にある下部意識を再構築した世界だ。つまり並行して語られているが、「ハードボイルド・ワンダーランド」のラストがそのまま「世界の終わり」に繋がっている。そこは、壁で囲われ、一角獣が棲む閉じた世界。主人公は一角獣の頭骨から古い夢を読みとる「夢読み」。主人公はこの国を訪れた途端、自分の「影」(=心)を切り取られてしまう。「影」は囚人のように囚われの身でいつか死ぬ。そしてそれと同時に主人公は外の世界へは出られなくなってしまう。この世界の住人は総て心を無くした人達。主人公は手風琴を手がかりに、失ってしまった現実世界の記憶(=心)を取り戻そうとする。「影」はなんとか主人公と一緒に外界へ出ようと画策する。が、最後に主人公が下した結論は……。
 再読して、小説としての面白さは言うまでもないが、これまで様々なメタファーを登場させ、自分探しを思考し描き続けた著者が、持てるイマジネーションを総動員して巨大なメタファー世界を構築し、逆説的な言い回しになるが、思考を行動にまで昇華させた作品ではないかと、強く感じた。ただ、構築した世界を読者に理解してもらうために、物語のテンポを中断するという犠牲を強いてまで説明部分を多くせざるを得なかったのは、少し残念な気がする。

★モシャの呟き
 「ハードボイルドは堅ゆで卵に由来する。やわじゃない男の生きざまを表している」
 そう、先日とある方から聞きました。
 私は、男ではありません。が、私の生きざまも自分では、なかなかハードボイルドだなぁと思っています。しかし、外見からは、どうもフニャフニャの温泉卵に見えるらしく、友達や知り合いから、突然説教をくらうことがよくあります。辛いです。
 あと、「『記号士』が巡らす罠、その手先である『やみくろ』が潜む東京の地下社会」とありますが、「やみくろ」じゃなく「ゆにくろ」なら怖くないことに、今気づきました。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ