FC2ブログ

石橋 武の「多読乱読、言いたい放題!」026

 私が今まで読んだ本のうち、印象に残った本を紹介しています。

● 白石一文『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』
 2009年作品。
 著者は骨太のストーリーを展開する傍ら、突然のようにテクストを挟み込み、それに対して主人公が考察した自らの意見を発表するという変わったスタイルをとる。
 読後、私はこんなことを考えた。「神」は人間が創った抽象概念であるが、「神的」なものはあるのだろう。恐らくそれは宇宙(と私たちが呼んでいるもの)を拡張させるベクトルを持ったエネルギーそのもの。だから、その過程で生まれた人類などは、確かにそのエネルギーの「発露」の一部ではあるが、「思惟」の一部とは呼べない。エネルギーは思惟などしない。だから、主人公(著者)の思考は、ある時点で人間に還元せざるを得なくなるのだ。もっとも人間が読む、人間のための文学なのだから、それは必然ではあるのだが。
 さて、主人公は様々なテクストを基に、思索を重ねて行くのだが、暴力的と形容したくなるほどの物語の展開があり、急転直下、北海道での静謐な生活を暗示して幕を閉じる。題名の意味はラスト近くにやっと見えてくる。
 この作品は、過去と未来とかへ逃げ込もうとする私たちの怯懦に対する徹底した挑戦状だ。
 日本文学で、久々に刺激的な作者と作品に巡り会った。

★モシャの呟き
 絶対に違うと思いますが、上記「暴力的と形容したくなるほどの物語の展開があり、急転直下、北海道での静謐な生活を暗示して幕を閉じる」から、どんな物語なのかを想像してみました。
 主人公がたまたま社員旅行で訪れた北海道のとある川で同僚と釣りを楽しんでいる最中、背後から熊に襲われ、格闘。たまたま近くを通りかかった射撃の名手であるマタギ、「竹口力(riki takeguchi)」に助けられ、事なきを得る。しかし、その時のことをどうしても忘れられず、2年後の冬、主人公は会社を退職し、北海道の山奥に一軒家を購入。主人公は竹口の弟子として静かに暮らしつつ、時折Vシネマでも活躍。得意技は取り立て。
 色々混ざってますが、以上です。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ