石橋 武の「多読乱読、言いたい放題!」046

 私が今まで読んだ本のうち、印象に残った本を紹介しています。

● 村上春樹『1Q84 Book-1、Book-2』
 2009年6月24日午後7時読了。
 5月30日が初版で、私が手にしたのは6月17日の四刷だ。
 さて内容だが、構成的には『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』を彷彿とさせる二視点からの物語が入れ子になって進む。一つは「青豆」という名の現代の所謂仕事人。DVで傷を負った女性の駆け込み寺的な施設のオーナーの依頼で元凶を断つ裏稼業をしている。渋滞している首都高速の緊急避難はしごから降り立ったときから、『1Q84』の世界に含まれてしまう。もう一つは「天吾」という予備校講師で小説家の卵。ある新人賞の下読みをしているときに出会った『空気さなぎ』という作品。それを巡り、編集者の小松があるプロジェクトを提案する。作者である17歳のふかえり(深田絵里子)の了承を取り付け、天吾がリライトし、新人賞を取らせるというプロジェクトだ。その二つの物語が進行していくうちに、ふかえりが17歳まで育ち、逃げ出してきた「さきがけ」という組織の存在や「青豆」と「天吾」が10歳の時に出会っていたことなどが浮かび上がってくる。「青豆」はその組織のリーダーの始末を頼まれる。「天吾」はその組織からふかえりを守ろうとする。そして二人は宿命的な10歳の時の出会いを心の支えにそれぞれの道を歩む。「1984」ではなく、月が2つある「1Q84」の世界で。そして、……。
 村上春樹の作品としては大変読みやすく、面白い作品だった。会話部分はまるっきり翻訳物のハードボイルド。著者は恐らくレイモンド・チャンドラーを意識したのだろうが、私はロバート・B・パーカーのスペンサー・シリーズを思い出した。ただ、前半、ストーリー的面白みでぐいぐい読者を引っ張っていった牽引力が、後半、いつものことだが、説明くさくなり、息切れしてしまう。勿論、著者はエンターテイメントとして書いている訳ではないと思うので、その部分の大切さは分かるのだが、残念だ。そして、キーになっている「リトル・ピープル」。これは一体何なのか? 何らかのメタファーだと思うが、分からない。分からないが面白い。これが村上ワールドなのだ。

★モシャの呟き
 『めくらやなぎ』に『空気さなぎ』。
 村上春樹氏は、『××××なぎ』がお好きなんでしょうか。
 次回作は是非、『電気うなぎ』でお願いいたします。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ