FC2ブログ

最近ネットで見て気になった事をまとめてみました。

1
 ネットで読売新聞の発言小町を暇な時に見ることがあります。が、読んだ後、大抵気分が悪くなります。毒々しい内容に、やられてしまいます。
 「私(トピ主)は、悪くない。あの人が悪い」、「いや、その人は悪くない、あなた(トピ主)が悪い」というトピ主とコメントを寄せた方たちのやりとりがほとんどです。時々、コメントを寄せた方全員からパンチを浴びているトピ主がいらっしゃり、気の毒になります。
 でも、なぜか時々見てしまいます。
 見たら気分が悪くなるにも関わらず。
 ホラー映画を見るのと同じ感覚ですかね。

2
 毒親を罵るサイトがあり、見てみました。
 自身の親に言われた言葉を、皆さん書かれていました。
 「生んでやったことを感謝しろ」とか「お前なんかいらない」とか。
 言葉だけ見ていると、あまり迫力はないですが、実際に鬼の形相とかで言われたら、かなり嫌だなぁと思いました。
 それにしても、「母親が毒親だ」と語る人たちが多かったのが、少し意外でした。「飲んでいた一升瓶が空になったから、夜中なのに母親に酒を買いに行かせる父親」が私の毒親のイメージなんです。今はコンビニがあるし、夜中に買い物に行ける時代なんで、都会ではこのタイプの父親は存在しないかもしれないですね。カブトガニレベルで。
 ただ、毒親に関するサイトを読んでいるうちに、「小6です」という男子が数人、自身の母に言われた酷い言葉などを書いていて、私はつらすぎると思いました。
 また、毒親を持つ子に「親孝行したほうがいいよ」と言う人たちが世の中に時々いて、毒親を持つ子は葛藤を覚えるという記事を見たことがあります。
 私は、毒親には親孝行しなくていいと思います。
 自分を痛めつけてきた存在に孝行するって、なぜに?
 私なら、無理ですね。
 毒親になってしまった親御さんにも、色々悲しい事情があるのだとは思います。が、孝行は無理です。逃げます。
 というか、「親孝行したほうがいいよ」と言ってくる人たちの親は毒親じゃないと思うので、そもそも、その会話は全くなんの意味もない世間話のようなものです。
 その善良な人たちにとっては「明日は晴れるみたいよ」とか「もうそのバナナ、食べ頃じゃない?」とかと同じ種類の会話内容です。
 「そうかもしれませんね」と返しておけば、一件落着です。

3
 ファイナンシャルプランナーによる家計診断に関するネット記事を時々見ます。診断する方によって、色々考え方が違い、参考になります。
 「格安スマホにしろ、食費を下げろ」とばかりアドバイスしている男性ファイナンシャルプランナー(横山光昭さんです。デキる男というイメージですね。)がいらっしゃれば、高めの食費には言及せず、相談者の体調までを気遣う、心優しい男性ファイナンシャルプランナー(深野康彦さんです。この方は、文章から、優しい方なんだろうなぁと想像できます。慈悲深さが、僧レベルです。)も、いらっしゃいます。
 ただ、記事を見終わったあとに、いつも思うことがあります。
 ファイナンシャルプランは、あくまでプランだということです。人生は良くも悪くも何が起こるかわからないので、いくら備えても足りるということはありません。実際に、私の両親は、阪神淡路大震災により、自宅焼失し、その後自宅を建てました。また、思いがけないお金が親戚から父に遺産として入ったりもしました。
 なので、私にとって人生は、予定通り歩むのが難しいもののように思えてなりません。
 また、記事を読み終えたあと、「私の家計を診断してもらうのは恥ずかしいなぁ」といつも思いますね。食費が高すぎるので。横山光昭さんに診断してもらったら、多分メッタ斬りにされること間違いなしです。
 ただ、最近全くデパ地下に行かなくなったので、サラダ代が減った分、少しマシになった気もします。RF1というお店のサラダが好きで、よく買ってたんです。が、高いんですよね。サーモンとチーズの生春巻きとか、ローストビーフサラダとかが好きなんですが、買うのを我慢しています。今、サーモンとチーズの生春巻きを見たら、即貪り食うくらい、飢えています。が、その姿を横山光昭さんに見られたら、その場でメッタ斬りにされそうですね。横山光昭さんは、教育費をデパ地下の総菜に投入しているという理由で、ある奥さんに対して、批判的な感じの記事を書いておられたことがあり、私はひそかに彼を恐れています。
 なので、サーモンとチーズの生春巻きは、なんかのお祝いの日とかクリスマスとかに買おうかなぁと、思っています。特別な日なら、きっと大丈夫ですよね。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ