FC2ブログ

ネガティブな小瓶

 たまたまネットを見ていたときに、「宛名のないメール」というサイトを見つけました。
 自分の気持ちを綴り、手紙の入った小瓶を流し(サイトにあげ)、それを見知らぬ誰かが拾い、返事を書いたりするというサイトらしいです。
 小瓶主の文章は、秘密を打ち明けるような内容で、ずっしりと重く、ネガティブなものが多いのですが、読売新聞の「発言小町」のような、トピ主を攻撃するようなやりとりはなく、気持ちを綴った小瓶主に寄り添うような返事が多いのが特徴です。
 10代から40代くらいまでの利用者が多いように思います。
 なんだか疲れた日に、小瓶の中の文章を読むと、気分が落ち着きます。ネガティブになると、「今すぐにポジティブになること」をすすめられる現代において、思い切りネガティブに浸ることを許された場所が、「宛名のないメール」です。
 ネガティブな気分のときは、フカフカの布団に包まって、スマホから小瓶を流すのもいいかもしれません。
 数年前、顔見知りの方から「死にたいと思う時があって」と相談された時に、このサイトを知っていたら、教えてあげられたのになぁ、と思いました。生への欲求(エロス)があるように、死への欲求(タナトス)もあるというようなことが、大学時代に読んだ心理学の本には書いてありました。だから、普通に生活している方でも、死にたいと思う瞬間があるのは、おかしなことではないのだと思います。毎日毎日、何時間も死にたいと思ってしまう方は、精神的に危ないと思うので、小瓶を流す前に病院に行って欲しいですが。
 ちなみに数年前、「死にたいと思う時があって」と言っていた顔見知りの方は、今日も元気に生きています。女性を口説いたり、大忙しです。こんな元気な方でも、死にたいと思うことがあるんだなぁと私は不思議に思っています。

 
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ