FC2ブログ

知らない名前の女性から

 今回も、奇妙な話をします。
 私が学生時代のことです。
 母が某所で顔見知りになった、母と年齢の近い女性が、ある日母に話しかけてきたそうです。
 「モシャちゃんの学校での様子を、いつも娘が家で楽しそうに話していますよ」と。確かにその方はそうおっしゃったそうです。
 しかし、母からその話を聞いた私は怖くなりました。なぜなら、その娘さんの名前を私が全く知らなかったからです。しかし、私と同じ学校に通っているとのことでした。
 私は母に「そんな名前の友達、おらんねんけど」と言いました。が、母は、「え? いっつも家でモシャの話をしてるって言ってたで。その子と仲良いんやろ」と怪訝そうな顔で聞いてきました。私はわけがわかりませんでした。が、玉子とウインナーがのった、私が好きなパンだったか、明石焼きだったかをムシャムシャ食べているうちに、単に母が名字を聞き間違えただけで、多分同じ学校の誰かだろうと思えてきました。
 が、それから20年以上後のことです。
 ある日、学生時代の友達とお茶をしていると、友達が私に言いました。
 「こないだ××ちゃんと会ったら、『モシャちゃんはどうしてる?』と聞かれてんけど。あんまり詳しい話はせずに『よろしくやってるよ』的なことを適当に言っといた」と。
 ××ちゃんという名前に心当たりがない私は、友達に「××ちゃんって、誰か知らんねんけど」と言いました。すると、友達はその子の住んでいる場所と名字を教えてくれました。それから、「××ちゃん、『モシャちゃんとは友達で』って言ってたで。だから、知らんとか、オカシイやろ」と言われました。
 そして、私は内心震えました。20年以上前の母とのやり取りを思い出して。
 私の知らない同級生がいて、その方が、学生時代にはご自身のお母様に私の話を何度もし、しかも20年以上経った後も、私の友達に私の様子を聞いてきた、という事実に怯みました。
 しかし、私はその時、友達にはそれ以上何も言いませんでした。
 が、私は晩御飯をその友達を含めた3人で食べてから自宅に帰り、シャワーを浴びてから。ソファーに座り、思いました。
 いや、やっぱり、全く誰か知らんねんけど、と。
 私は、自分に記憶障害があり、覚えていないだけだったりして、という心配を少ししました。が、他に同じようなことがないため、記憶障害ではないと思います。
 私は申し訳ないことに全くどなたかわかっていないんです。が、その方が楽しく幸せに暮らされていることを祈っています。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ