FC2ブログ

河合隼雄氏と『人間交差点』

 昔、河合隼雄さんの本を読んだときに、「私はお金持ちで、なんでも自分の思い通りになってしまい、人生がつまらないから、死のうと思うんですよ」と言ったクライアントの中年男性を河合隼雄さんが叱ったというのを知り、私は、「なんで?」と疑問に思ったことがあります。詳しい記述がなく、それだけだったので、実際はなにか叱る要因があったのかもしれませんが。
 私からすると、この男性の「つまらない」という気持ちは、何となく想像できます。だから、「怒らなくても」と思ってしまいました。要するに、情熱を傾けられるものがない状態ということですよね。普通は、お金儲けをしないと食べていけなかったり、社員を養えなかったりするから必死に働くんですが、腐るほどお金はある。しかも、自分に迷惑をかけてくるような厄介な存在もいない。
 つまり、自分の存在意義を感じられない。
 昔、『人間交差点』という漫画で読んだ話を思い出しました。ある男性が事業に失敗し、義父に金を借りては返しという生活をしていたのですが、義父が死ぬ前に、男性は事業に成功し、義父に金を借りなくても良くなった。にもかかわらず、奥さんから「お義父さん、お金を貸してください」と父に頼んでくれと言われる。不思議に思いながら、男性は義父にそう告げる。すると、嬉しそうな笑みを浮かべ、義父は亡くなった。という内容だったのですが、人間は、自分を頼ってくれる人が居るということで、存在意義を感じ、それにより支えられている場合もあるのですよね。だから、冒頭の男性の孤独は、なんとなくですが、わかります。
 人が生きるのは、大変ですね。


最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ