FC2ブログ

『前世ソウルリーディング』

 今回は、占星術の本です。
 昔、たまたま本屋でジャン・スピラーという方の『前世ソウルリーディング』というメチャクチャ重い占い本を見かけて、買ってみました。立ち読みできるレベルの重さではなかったので。
 しかし、買って帰り、自宅の机に広げ、読んでみたのですが、なぜか内容が頭に入ってこない文章で、困惑しました。何が書かれているのか、あまり理解できませんでした。なんとなく全体に流れるアメリカンな雰囲気は良かったのですが。
 この本のタイトルには「前世」とあります。が、「あなたの前世はラッコです」などという内容の本ではなく、今をどう生きていくかということについて書いてある本でした。「ドラゴンヘッドがどの星座にあるかによって、人生の課題等がわかる」というような感じです。「あなたの前世はラッコです」というような話を期待していた私には、真面目すぎる内容の本でした。
 それにしても、占い系の本の文章が読みづらいのは、何故なんでしょうか。 
 ちなみに毎年年末に発売される、雑誌『an・an』の星座占い特集は、文章が曖昧で、意味がよくわかりません。しかも毎回、毎回、「山羊座は厳しい運命を背負っている」的な表現があり、読んだ後、必ず気分が悪くなります。私は山羊座なんです。厳しい運命なんて、いらないです。だから、『an・an』の星座占い特集が売られている年末は、雑誌コーナーに近づかないようにしています。
 私の場合、四柱推命では、衣食住に一生困らず、ポヨヨンと楽しく暮らせる運命らしいです。だから、私は四柱推命を信じることにしています。
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

●ミネルバネオ代表 石橋武
【経歴】
1974年/立命館大学経営学部を卒業し、㈱大阪読売広告社に入社
1994年/現代文講師出口汪氏と大学受験予備校S.P.Sを立ち上げるべく、㈱大阪読売広告社を退社。㈱ミネルバ代表取締役として、大阪、後に東京で大学受験予備校S.P.Sを経営。
2002年/大阪のS.P.Sにて、出口氏が開発した教材「論理エンジン」を使用した個人のお客様向け添削業務や国語特訓塾、学校様・塾様向けの「論理エンジン」販売や指導方法のレクチャーを開始。
2007年5月/㈱水王舎代表取締役に就任し、「論理エンジン」営業のみならず、書籍の企画・販売にも携わる。
2011年2月、㈱水王舎代表代表取締役を退任。
2011年8月/ミネルバネオを設立
趣味は読書、映画鑑賞。MC中心のお笑いオヤジバンドの一員でもある。

●共同執筆者(ペンネーム:モシャ)プロフィール
甲南大学を卒業しました。
ミネルバネオで働いています。
30代半ばを過ぎてしまいました。
よく聴く音楽はプリンス、レディオヘッド、シールなどです。
親戚は人間国宝(陶芸)です。ちなみに私の父方の祖父も陶芸家でした。

・当ブログの内容について、無断掲載、転用を禁じます。

カテゴリ